小改良|Kさま|KHS F-20T

定休日に自転車ピクニックや輪行サイクリングにご一緒していただいているKさん。
以前、「列車に乗せるのに、もう少しスリムにならないかな~」という宿題をいただいておりました。


折りたたみ式ハンドルバーで簡単折りたたみ方式を採用しているF-20T。



こちらの車種は、ハンドルステムの交換で乗車ポジションが変更できるのはとても良い所ですが、折りたたんだ時に横へのはみ出しが大きくなってしまうのがネック。



そこで「折りたたむ際にひと手間かかってもいい」というKさんの話をヒントに、アジャスタブルステムを使ってみる事にしました。



早速取り付け。
ステムの角度調整ボルトを緩めて、走行モードから折りたたみモードへトランスフォームさせてみると、4cmのスリム化となったようです。



ついでに右ペダルの出っ張りを、ペダルを外して内側に取り付ける事で8cmのスリム化。



折りたたんだ時に、マグネットでパチンと止まるパーツの取り付けもご依頼でした。
そのまま付けると、フレームの開きが案外大きくなるので、別途用意した長めのボルトや、旋盤で作成したアルミのスペーサーを用いて、ホルダー部分を内側へオフセット。
できるだけコンパクトになるよう施工してみました。



約12cmのスリム化で、キュッと細くなった感じになりましたね。
Kさん、一度これでお試しください! 楽しいお仕事をありがとうございました。


コメントを投稿