Dynavector DV-1

Dynavector DV-1


英国製高級自転車「MOULTON BICYCLE」の日本代理店を長年務めるダイナベクター社が、MOULTONを参考に、10年の歳月をかけて作り上げた自転車が、Dynavector DV-1です。
DV-1はMOULTONの生みの親である、アレックス・モールトン工学博士のアドバイスを受けて製作さてれいます。



そのフレームは、複数のスポークをフレームの補強として使うという世界にも類を見ない構造で、竹のような、硬すぎず・柔らか過ぎずと言った独特のしなやかさを持っています。

デザインに目を移すと、細いパイプとスポークが作りだすフレーム形状が、アヤとりを思わせる繊細さで、なんとも工芸的な美しいプロポーションを形作っています。
それは、部屋に置いて眺めるだけでも楽しめるレベルです。



また、フロントフォークは、非常に凝った造りの「アンチノーズダイブ機構付きマルチリンクサスペンション」、リアスイングアームには「ピロボール・ベアリング」を採用し、安定したブレーキングや、路面の凹凸に素早くサスペンションを動かすといった快適に走る為の姿勢制御を行っています。



私が実際に山岳路を含むツーリングや、ある程度の速度が要求されるサイクリング大会でDV-1を試してみると、ペダリングに対して良く前に進む感覚や、17インチと言う小さなホイールとは思えない直進性、素直なステアフィールに感銘を受けました。

また、下り坂を駆け抜ける際には、アンチノーズダイブ機能により、コーナーでさえ自在に操っているような「オン・ザ・レール」な走りで、なんだか楽しくてしょうがありません。

更に凹凸のある路面では、動作の速いサスペンションが上下動を押さえ、極めて上質な乗り味が提供されている事にも気が付きました。 この安定感により、長距離走行でも疲れが少なく、安心して17インチと言う小さな車輪を走らせる事ができたのです。

ご注意いただきたい点としては、サスペンションの性能を引き出す為に、DV-1は折りたたみや分割機構を持たない事です。そんな訳でコンパクトにはなりませんが、その分丈夫で長持ちとうメリットもありますので、末永く高度な走りを楽しんでいただけると思います。



このようなDV-1の特性である機械的な所は、見て、触れて、乗って楽しく、また健康の為の運動や、心のリフレッシュにもなり、お客さまにとてもお勧めできる自転車です。 きっと、この一台が暮らしの中にあるならば、心豊かなものとなるでしょう。


↓メーカーであるDynavectorのWeb Siteはこちらです。
http://www.dynavector.co.jp/am/model/dv1/